スクールの効率的な使い方

スクールに通うことで知識が増えたり、コツを知ったり、練習するチャンスが与えられます。
しかし、スクール通いをしていても、なかなか上達できない人もいます。
これは、スクールの教え方に問題があるのではなく、習っている人がきちんと教えられたことをマスターしていないために起こることが多いです。

週に1回とか通う人も多いですが、これだけではなかなか上達はできません。

練習は最低でも週に3回はした方が良いです。

必ずしもスクールに通うことはなく、自分で練習や復習しても構いません。

むしろ、習ったことを確実に消化したかったら、通学を1回したら、その復習を2回はした方が良いです。



学ぶのにかかる時間よりも、マスターするためにかかる時間は長いからです。



ただ、頭で理解するたげなら、1時間でできても、それが出来るようになるまでには数時間以上かかったりします。



この努力をすれば、習ったことを確実に消化でき、効率的に上達できます。



消化できてないのに、次から次へと習うのは非効率です。


習ったことがマスターできていないなら、無理に通いつめない方が良いです。



ただし、受け放題の場合には通い続けても構いません。


何度も同じことを習うのは悪いことではないからです。



何となく惰性で通い続けるのは止めましょう。



しっかりとした目的意識がなければ上達できない場合も多いからです。



疑問や質問は放置せず、必ずなくすようにすることも大切です。先生に質問できるのもスクール通いのメリットです。


関連リンク

やっぱり習い事はカルチャースクールが一番

仕事と家の往復で生活にハリがない、家族の世話ばかりで自分の世界がない、など、なんだかつまらないな、と思いながら毎日を過ごしていませんか。そんなあなたこそ、カルチャースクールの世界を覗いてみましょう。...

more

スクールの種類と特徴

地域のカルチャーセンターやボランティアなど単発や短期間の講座を無料で受けられるものから、月に何回など回数や曜日が固定され、みっちりと専門的な知識や技術が習得できる有料レッスンまで、さまざまな形態のスクールが存在します。年齢層やレベル、目指す目標(就職やプロになること前提や、趣味をより深く楽しみたいというものまで)によっても色々な形態のものが、あらゆる分野で用意されています。...

more